新たな仕事13「Facile-フェシル-」

2015年を迎えて早いもので1ヶ月が瞬く間に過ぎ去った…

手順①ヘア・アレンジ間近に迫った私の退職、そして独立を迎え、気持ちばかりが焦っていて有休消化中にも係わらず自宅でノンビリ過ごすことが出来ない…まあ、自宅でノンビリしている場合でも無い気もするが…

独立…と云っても私の場合はフリーランスになる事だが、これまで勤めてきた婚礼業界にのみ、すがるように仕事をしていては私のような個人事業主は弾かれて宇宙の彼方まで飛ばされてしまうのが目に見えている。
そこで、これまで何かと一緒に仕事してきた美容室caroqueの誘いもあって、我がStudioECHOとcaroqueでコラボレーション事業を立ち上げることにした…
“事業”と書くと大袈裟だが、まあ、要するに私の空いた時間を利用して美容室のお客さんに写真を残してもらおうという企画である。

どうでもいい話だが、“コラボレーション”というキーワードは、「使ってみたいけど使う機会がない」ランキングで(私の中で)トップ3に入る。今回はこの企画のためにチラシを作成してみたのだが、その中でも思う存分“コラボレーション”というワードを使えて大変に満足である…本当にどうでもいい話だが…

手順②ポイント・メイクこの新しい企画にも名前が必要だろうという事になり、私がフランス語の中から「Facile」という言葉を見つけて付けることにした。

具体的な内容は、美容室に来たお客さんに

①そのままヘア・アレンジをしてもらって、

②ポイント・メイクをして

③簡単な写真撮影をするもので、

写真は全てデータで渡す計画である。

我々の考えでは、個人で美容室に来たお客さんだけでなく、家族の写真恋人同士や夫婦の記念写真にも利用してもらいたいと思っている。
また、美容室を介さず写真撮影のみのプランも予定しているので、例えば、証明写真パスポート写真の為の撮影だったりと幅広い層のお客さんに対応したい。「ただ、なんとなく写真が撮りたい…」という理由でももちろんオッケーである。

手順③写真撮影そんな新事業・Facile-フェシル-の事を考えていると、新たな一歩への期待に胸が膨らんでくる。基本的に呑気なクセにネガティブな自分がどこかへ消えていく気がする…まあ、気のせいだと思うが…

しかし、私が婚礼業界で経験した(京都と山口合わせて)15年間を、ようやく自分の仕事のために活用出来る事が何よりも嬉しいし、同時に身の引き締まる思いだ。
結局、誰かの助力無しでは進めない道だとは分かっているが、私は私の信念に基づいて信じる道を進んでいこうと思う。私の経験してきた事で、何かしら人の役に立てるなら、こんなに幸せな事はない…


関連記事