Artの在る風景 #6

#6. 山陽路の男たち3人展

今回ご紹介する展覧会は山口県宇部市・新天町商店街の中にあるGALAXYふくながさんで開催中の“アツい”タイトルのグループ展、その名も「山陽路の男たち3人展」をご紹介します。

山陽路の男たち3人展①“アツい”タイトルの展覧会ですが、いざギャラリーを訪ねてみると会場が妙に落ち着く空間になっていた事に驚きました。
会場を見て廻っていると、鉄の作家である大山求さん、オートマタ作家として県内でも有名な原田和明さん、広島県江田島市の古民家で奥さんと2人で作陶に励んでいらっしゃる若狭祐介さん、それぞれの作家さん達の穏やかな瀬戸内の景色に囲まれた制作風景が浮かんでくるようで、会場を包む“優しさ”は、そこから由来するのかもしれないと(勝手に)感じました。
今回残念ながらオートマタの原田さんにはお会い出来ませんでしたが、陶芸の若狭さん、鉄の大山さんにお話を伺って、今回の展覧会を企画したGALAXYふくながのオーナー・福永さんの

山陽路の男たち3人展②作品を“見る目”は確かだな〜と感心しました。何故ならば、それぞれに長い制作の経験を経て試行錯誤を繰り返した結果としての“熟成”さえも感じる作品群だと云えるからです。ギャラリーに展示されている作品は実際に販売もされているそうで、“商品価値”としても高いそれぞれの作品を実際に購入して自宅に置いたり使ったりする機会はなかなか無いと思います。私個人的にも、取材に伺った時にまとまったお金が手元にあれば、後先考えずに間違いなくそれぞれ何点かづつ購入していたでしょう…
それぞれの作品には、それだけの魅力があると思いますし、それぞれの作品が実用的なモノばかりなのです。陶芸作家の若狭さんの作品は当然ですが、鉄の作家である大山さんの作品もライフワークとして作り続けている蝶のオブジェの他に、お皿やサイドテーブルなど“鉄”という素材を使った実用品ばかりですし、個人的にオススメしたいのは、仕事机に原田さんのオートマタを1つ常備して書類作成に行き詰まった時などにハンドルを回して“癒されて”欲しいと思います。
私自身が実際にそうしたいです……元手があればですが…

“アツく”“穏やか”な3人の男たちの作品を、実際に目で見て触って欲しいと思います。余談ですが、会場のGALAXYふくながさんには、オーナーさんの飼い猫2匹が時折ギャラリーを“視察”しています(笑)。私がお邪魔していた時にもジョニーが玄関に鎮座していました。運が良ければ看板猫の2匹に会えるかもしれませんね。
お近くにお立ち寄りの際には是非お立ち寄りください…

  • 山陽路の男たち3人展③
  • 山陽路の男たち3人展④
  • 山陽路の男たち3人展⑤
  • 山陽路の男たち3人展⑥
  • 山陽路の男たち3人展⑦
  • 山陽路の男たち3人展⑧

開催期間:2015年4月3日(金)〜2015年4月12日(日) 10:00〜19:00 ※4/8(水)は休廊
会場:GALAXYふくなが(山口県宇部市新天町1-2-27) Tel:0836-31-0085


関連記事

Categories

Instagram