ネパール大地震 被災者への救援募金について

2015年4月25日、ネパールの中部・首都カトマンズより北西約80kmを震源とするマグニチュード7.8の地震が起きました。この地震により8,000人以上が犠牲になり、家屋が全壊・半壊の被害を受けて多くの人々が野外での生活を強いられています。

ネパールの人々山口県で平和に暮らす我々には想像もつかない程の被害規模で、しかも交通の便が決して良いとは言えない地形の為に物資の輸送がスムーズに進んでいない状況のようです。

エベレストを目指す人達の為のベースキャンプでも、かつてない規模の雪崩が発生し、被害は拡大の一途を辿っています。

都市部でも耐震構造のしっかりしているとは言えない、レンガを中心とした建造物の倒壊は深刻で、全壊を免れた家々も後の余震で全開に至ってしまうケースがあるそうです。

必然的に野宿を強いられているネパールの人々に追い打ちをかけるかのように、ネパールはこれから雨季に入るそうです。雨季に入れば、日本の1.6倍にも達する年間降雨量の雨が、かろうじて震災を免れて生き残った人々の体温を容赦なく奪ってしまうのです。

支援の手を待っているネパールの人々のために、今山口に暮らす我々に、StudioECHOに出来る事は、山口県国際交流協会と協力してこのブログ記事や動画を拡散していき、広く山口県内に救援金を募る事しかありません。
彼等には時間がありません…一人でも多くの募金を心よりお願い致します。

実施期間:平成27年4月30日(木)〜6月2日(火)
募金箱の設置:
・公益財団法人 山口県国際交流協会
・山口県庁1階エントランスホール受付
・山口県総合企画部国際課(県庁8階)
・山口県総合庁舎(岩国・柳井・周南・山口・宇部・下関・萩)

お問い合わせ:(公財)山口県国際交流協会(山口市吉敷下東4丁目17番1号)
Tel:083-925-7353
Tel:083-920-4144
E-mail:yiea@yiea.or.jp


関連記事