写真ツワモノ道12

12.第5回写真講習会編

以前から私のブログの中では、写真を趣味とし有り余る時間を一瞬のシャッターチャンスの為に費やす人々を尊敬(とやや呆れた感)の念を込めて「ツワモノ達」と呼んできた。

講師の藤井氏今回も、“次世代のツワモノ”を養成(?)…するつもりも無い、ただ私の周りの若手が(何となく)集まって実施する、おそらく日本で一番ユルい我がStudioECHO主催の写真講習会だが、前回(秋の第4回)のポートレイト撮影会以来実施してこなかった。
実施しなかった理由は簡単で、単に外が寒いからという、小学生のような理由で実施しなかったのである…改めて書くことでもないが…

今回の第5回写真講習会は、第1回のレトロモダンな建物撮影に始まり、第2回の動物、第3回のお寺と子供、第4回の人物と考えられる限りのジャンルに挑戦してきた我々が、まだ未着手のジャンルである「鉄道」に挑戦してみようと実は年末から着々と準備を進めていたものだ。
私自身、鉄道に関しての知識もほとんどないしメンバー全員鉄道写真経験がゼロの人間ばかりなので、今回は私が講師を務めるワケにもいかず個人事業主仲間で写真家茅葺き職人という異例の経歴を持ち、小学生時代から鉄道を追い続けている藤井紀幸氏に講師として協力していただく事を打診していたのだ。

我が写真講習会としても初めての試みだし、私自身が講師ではなく生徒の1人として参加するので何かと不安があったが、藤井氏自身が主催して小学生親子を対象に写真講習会などを主催しているだけあって、会は実にスムーズに進行した。
そして今回の写真講習会では、スペシャルゲストが登場するという、藤井氏の粋な計らいもあって、参加している我々もいやが応にもテンションが上がってしまった。

  • Surarinの写真①

    Surarinの写真①

  • Surarinの写真②

    Surarinの写真②

  • Surarinの写真③

    Surarinの写真③

  • Surarinの写真④

    Surarinの写真④

  • Mitsuoの写真①

    Mitsuoの写真①

  • Mitsuoの写真②

    Mitsuoの写真②

  • Mitsuoの写真③

    Mitsuoの写真③

  • Mitsuoの写真④

    Mitsuoの写真④

  • Yuriの写真①

    Yuriの写真①

  • Yuriの写真②

    Yuriの写真②

  • Yuriの写真③

    Yuriの写真③

  • Yuriの写真④

    Yuriの写真④

  • StudioECHOの写真①

    StudioECHOの写真①

  • StudioECHOの写真②

    StudioECHOの写真②

  • StudioECHOの写真③

    StudioECHOの写真③

  • StudioECHOの写真④

    StudioECHOの写真④

  • 藤井先生のお手本①

    藤井先生のお手本①

  • 藤井先生のお手本②

    藤井先生のお手本②

  • 藤井先生のお手本③

    藤井先生のお手本③

  • 藤井先生のお手本④

    藤井先生のお手本④

個人的な感想から云わせて貰えば、
初めて経験してみた鉄道写真撮影は、実にエキサイティングスリリングなものだった。
講師の藤井氏以外のメンバー全員に、鉄道車両に対する愛情は無かったのだが、それでもスペシャルゲストで現役を引退して日本中を巡回していると聞くトワイライトエクスプレス(様)の通過の際には現場が良い緊張感に包まれ、皆一様に集中力を高めることが出来た。太陽光や周囲の植物等の季節感まで計算に入れると、二度と来ないシャッターチャンスのために身体中の全神経を集中させるこのジャンルは(仕事でなければ)心地よい緊張感があって撮影した後の充実感も大きいと感じた。
改めて、我が写真講習会に新しい世界を垣間見させてくれた藤井氏に感謝したいと思う。

この心地よい緊張感は、今回都合が合わずに参加できなかったメンバーにも是非体験して欲しいと感じたし、写真技術としても学ぶ所は多いと思う。撮影を終えた今でも鉄道車両に対する愛情は(個人的に)抱けていないが、自分が理想とするシャッターチャンスの為に一生懸命努力する感覚はどのジャンルの写真であっても共通のものだし、公共交通機関である鉄道故に遵守すべきマナーも多く制約も多い中で戦っている鉄道ツワモノたちの事を考えると、私の胸に去来する言葉は“猛者”の二文字だ。

そんな猛者たちの集う場にノコノコお邪魔するのは忍びないのだが、我が写真講習会としてはもう一度“鉄道”というジャンルにチャレンジしてみたいと思う…とか言いつつ、暫くはこの講習会も休む事になるだろう…何故なら、暑くなるからである。

…このユルさだけはこの先も変わりそうもない…


関連記事

Categories

Instagram